サイト内のカタログを電子カタログにすることで滞在時間が増加

食品メーカー様のショップ内でのショピングカタログを電子カタログ化。
今までは3クリック以上クリックし、お客様の離脱率増加や滞在時間減少に、繋がっていた部分を電子カタログにすることで改善しました。電子カタログ内の商品周りにリンクを貼り、スムーズな誘導ができるようになりました。

【導入結果】
今までは商品を検索したり、クリックし詳細にたどり着いたお客様のみへのアプローチでしたが、気軽に電子カタログ内のリンクからの購入や他のページに掲載されている商品のクロスセルやアップセルにも繋がりました!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: サイト内のカタログを電子カタログにすることで滞在時間が増加

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.spark03.com/mt/mt-tb.cgi/189

コメントする

このブログ記事について

このページは、sparkが2014年3月10日 20:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「脳科学マーケティング 100の心理技術」です。

次のブログ記事は「おもしろい! メタボ解消のチラシ これはウケル!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01